市場ニュース

戻る
2016年01月28日04時42分

【市況】【市場反応】FOMC、予想通り金融政策据え置き、ドル底堅い


 外為市場でドルは連邦公開市場委員会(FOMC)の声明が予想ほどハト派に傾斜しなかったため底堅い展開となった。ドル・円は118円60銭へ一時弱含んだのち118円80銭前後で底堅い展開。ユーロ・ドルは1.0913ドルへ上昇後、1.0887ドルへ反落。米10年債利回りは2.05%から2.01%へ低下した。


 米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通りFF金利誘導目標を0.25-0.50%で据え置くことを決定した。同時に発表した声明では、「世界経済や金融市場の展開を綿密に監視していく」との文言が加えられたため債券利回りは低下。これに伴いドル売りが強まった。同時に、「経済は緩やかな利上げのみ正当化すると予想する」と引き続き引き締め軌道にあることを再確認したほか、3月の利上げも除外しない方針が示されたためドルの下落は限定的となった。

【金融政策】
・米連邦公開市場委員会(FOMC)
・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25-0.50%に据え置き決定

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均