市場ニュース

戻る
2016年01月27日13時11分

【経済】中国:農業銀不祥事きっかけに不正資金引き揚げ、株価急落の一因か


26日の株価急落の背景について、中国メディアではさまざまな見解が浮上している。うち21世紀経済報道では、「投資家心理の悪化が最大の要因」とする専門家らの見方を紹介すると同時に、中国農業銀行(1288/HK)で先ごろ発覚した行員の手形横領事件も一因とする見解を掲載した。この横領事件では、不正に入手した資金が株式投資に利用されていたとされる。今回の事件を受けて中国当局が監視の目を強化するなか、出所に“後ろめたい”ところのある資金が市場から逃避している可能性があるという。
26日の上海総合指数は、前日比6.42%安の2749.79ポイントで取引を終え、約1年2カ月ぶりの安値を付けた。政府系資金の出動目安とされていた2850ポイント(昨年安値)を割り込んだ後も買い支えの動きが見られなかったことから、投資家心理がさらに悪化したと指摘されている。
来月初旬の春節(旧正月)連休を前に参加者が減少するなか、当面は不安定な相場展開が続く見通し。前述のように、2850ポイントを割り込んだことで、上海総合指数は新たな下値メドを探る展開が予想されている状況だ。市場関係者の間では、節目の2600ポイントや2500ポイントが目先の底値になるとの見方が出ている。
なお、冒頭で挙げた農業銀の事件は、今月21日に複数メディアが報じたもの。北京支店の行員2人が銀行引受手形を不正に入手していたとされる。この報道を受けて農業銀は22日、手形業務に絡み、39億1500万人民元(約700億円)に上る損失リスクを抱えていることを明らかにした。それ以上の詳細には言及していない。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均