市場ニュース

戻る
2016年01月27日10時17分

【経済】ドイツ銀、米ドル独歩高の阻止で各国中銀に呼びかけ


ドイツ銀行は最新リポートで、外貨準備高の消耗が予想以上に進んだ場合、中国人民銀行(中央銀行)が米ドル売り介入を放棄し、元安を容認する可能性があるとの見方を示した。中国の外貨準備高は現在、約3兆3000億米ドルとなっており、6カ月で潤沢なレベル以下に低下すると予測されている。

ドイツ銀は、中国がいったん米ドル売り介入を放棄した場合、米ドルが急騰する恐れがあり、全世界に悪影響を与えると警告した。そのため、各国の中央銀行が1985年のプラザ合意のように共同で為替レートの安定化に協調する必要があると提言した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均