市場ニュース

戻る
2016年01月26日12時15分

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日ぶり大幅反落、ファーストリテとソフトバンクGで約56円押し下げ


26日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり13銘柄、値下がり208銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は3日ぶり大幅反落。前日比310.94円安の16799.97円(出来高概算10億5000万株)で前場の取引を終えた。25日の米国市場では、主要企業の決算発表や連邦公開市場委員会(FOMC)を前に手控えムードとなるなか、原油相場の下落に伴いNYダウは208ドル安となった。こうした流れを受けて日経平均は277円安でスタートすると、寄り付き後も先物に売りが入り、一時16683.64円(同427.27円安)まで下落する場面があった。売り一巡後はおおむね16700円台でのもみ合いとなった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約56円押し下げた。ソフトバンクGは米スプリントの株価下落も弱材料視され、一時6%近く下落する場面があった。スプリントは、25億ドルのコスト節減計画の一環として、全従業員数の約7%に相当する2500人を削減すると伝わっている。TDK<6762>はHDDヘッド事業の先行き懸念から5.1%安となった。

一方、値上がり寄与トップは塩野義<4507>となった。業種別では医薬品が小幅な下げにとどまったほか、水産・農林業がプラスを確保した。値上がり寄与上位には塩野義や第一三共<4568>、ニチレイ<2871>などがランクインしている。住阪セメ<5232>は4.0%高で日経平均構成銘柄の上昇率トップ。15年4-12月期の業績観測が報じられており、市場コンセンサスを上回る内容がポジティブ視された。


*11:30現在


日経平均株価  16799.97(-310.94)

値上がり銘柄数  13(寄与度+4.23)
値下がり銘柄数 208(寄与度-315.17)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4507> 塩野義 5088 25 +0.98
<8830> 住友不 2989 20 +0.78
<4568> 第一三共 2437.5 18.5 +0.73
<5232> 住阪セメ 463 18 +0.71
<2871> ニチレイ 827 8 +0.31
<5233> 太平洋セメ 340 5 +0.20
<8804> 東建物 1132 9 +0.18
<1802> 大林組 974 3 +0.12
<1333> マルハニチロ 2197 19 +0.07
<5214> 日電硝 592 1 +0.06
<5202> 板硝子 89 1 +0.04
<1808> 長谷工 1139 5 +0.04
<2802> 味の素 2584 0.5 +0.02

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 37000 -870 -34.13
<9984> ソフトバンクG 4832 -187 -22.01
<9433> KDDI 2756.5 -73 -17.18
<6762> TDK 6750 -360 -14.12
<6954> ファナック 18200 -350 -13.73
<6367> ダイキン 7462 -274 -10.75
<6971> 京セラ 4937 -122 -9.57
<8035> 東エレク 6900 -163 -6.39
<7203> トヨタ 6667 -157 -6.16
<6902> デンソー 4915 -154 -6.04
<7267> ホンダ 3274 -74 -5.81
<6988> 日東電 7165 -123 -4.83
<4543> テルモ 3555 -60 -4.71
<4901> 富士フイルム 4479 -113 -4.43
<3382> 7&I-HD 5002 -112 -4.39
<7751> キヤノン 3260 -68 -4.00
<4063> 信越化 5905 -100 -3.92
<7270> 富士重 4355 -83 -3.26
<1963> 日揮 1713 -82 -3.22
<6758> ソニー 2457 -81 -3.18

《NH》

 提供:フィスコ

日経平均