市場ニュース

戻る
2016年01月26日10時55分

【材料】日本電産、国内調査機関は飛躍できる事業機会が広がっていると指摘

日電産 【日足】
多機能チャートへ
日電産 【日中足】

 日本電産<6594>が反落。売り優勢で始まり、現在はやや下げ幅を縮小している。

 TIWでは、同社がこれまで培ってきた技術や買収で強化した技術を活用し、飛躍できる事業機会が広がっていると指摘。これらの領域で具体的に顧客と連携を展開しているため、今後の立ち上がりと収益貢献の加速が期待できるとの見方で、センサーやソフトウエアなどの分野ではさらなる買収の動きにも注目したいと解説。

 中長期的な株価上昇に対する見方に変わりないとして、レーティング「2+」を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均