市場ニュース

戻る
2016年01月26日09時15分

【材料】タカラレーベンがウリ気配スタート、16年3月期業績予想を下方修正

タカラレーベ 【日足】
多機能チャートへ
タカラレーベ 【日中足】

 タカラレーベン<8897>がウリ気配スタート。25日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の938億円から752億円(前期比2.3%減)へ、営業利益を133億5000万円から73億5000万円(同20.6%減)へ下方修正したことが嫌気されている。インフラファンド市場への上場を税制改正大綱記載事項の関連改正法令が施行される4月1日以降に延期したことで、今期想定していたメガソーラー発電施設の売却も翌期になることが要因という。

 一方、従来6円を予定していた期末配当は3円増額して9円とし、年間配当は13円(従来予想10円、前期6円)に引き上げている。また 同時に、1月29日付で消却前発行済み株式数の1.56%に当たる200万株の自社株を消却するとあわせて発表している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均