市場ニュース

戻る
2016年01月26日07時40分

【材料】ビーロット---インバウンド事業、ホテル3号店目は「ナインアワーズ」とコラボ

ビーロット 【日足】
多機能チャートへ
ビーロット 【日中足】


不動産再生・開発事業を展開するビーロット<3452>は、訪日観光客増加を背景に、2015年12月期、中古のオフィスビルをコンパクトホテルにコンバージョンし商品化、海外投資家へ売却を行った。

不動産投資商品としてのホテルは海外投資家から反響が多く、東京都内で築年数が浅い不動産は希少性が高いため、2016年12月期は、新宿区の開発用地にさらに最大200人が宿泊可能なコンパクトホテルを開発する。運営会社の(株)ナインアワーズは、2009年12月に宿泊代3900円~という新しい概念で第1号店ナインアワーズ京都を開業。現在は成田空港・京都・仙台の3施設を運営。通算ゲスト数700,000人を超える実績を重ねており、今回ビーロットとのコラボで初めて都内に開業を迎える。

同社は今後もアイデアと企画力を武器とした不動産投資商品の開発に注力していくとしている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均