市場ニュース

戻る
2016年01月25日17時53分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・金子議員:まずは消費再増税をとめよう


民主党の金子議員は「霞が関には財政制度等審議会をはじめとして、官僚が自分たちの思うままに政策を打ち出す仕組みは手つかずのまま。財政支出を削ればいいとする「しばき型経済思想」にはなるべく早くピリオドを打たなければ、われわれサラリーマンの生活はますます落ち込むばかり。まずは消費再増税をとめよう。」とツイート(1/25)


財政再建を目指す場合、支出を削減することだけに注力すると経済は疲弊し、財政事情はさらに悪化したケースは数多い。かつてのアフリカ諸国やギリシャなどはその典型例だろう。ただし、歳出削減自体は間違っていない。何のための支出なのかを常に明確にすれば経済に大きな影響を及ぼすことなく、一定規模の歳出削減は可能だ。民主党内では財政再建について異なるアプローチをとっているように思える。それぞれの長所を生かして政策を一本化すれば、有権者が受容できる具体案を提示することができるはずだ。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均