市場ニュース

戻る
2016年01月25日17時16分

【為替】外為サマリー:一時1ドル118円40銭台に軟化、上値の重さを意識

 25日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=118円56銭前後と、前週末午後5時時点に比べ50銭前後のドル高・円安で推移している。

 ドル円相場は午後4時30分過ぎに、一時118円40銭台に軟化。この日は午前と午後の高値がともに118円80銭台で抑えられており、上値の重さが意識されているもよう。前週末は117円台で推移していただけに利益確定売りなどが出やすいようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=128円21銭前後とユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.0814ドル前後とユーロ安・ドル高で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均