市場ニュース

戻る
2016年01月25日14時03分

【市況】14時時点の日経平均は先週末比212.87円高、トヨタ、ソニーが切り返す


14時時点の日経平均は先週末比212.87円高の17171.40円で推移している。後場ここまでの高値は14時01分の17180.02円、安値は12時53分の17021.80円。東証一部の売買代金は1.75兆円と商いは伸び悩んでいるが、中小型株の上げが目立っておりマザーズ銘柄も商いがやや増加している。

全市場の売買代金上位銘柄では、ソフトバンクグ<9984>、JT<2914>、ファーストリテ<9983>、メガバンク3行が堅調。これらのほか、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>が小幅ながら切り返している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均