市場ニュース

戻る
2016年01月25日08時30分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~自律反発の流れ継続、金融政策に期待も原油動向や政治不安くすぶる


25日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:自律反発の流れ継続、金融政策に期待も原油動向や政治不安くすぶる
■外資系証券の注文動向:差し引き710万株の売り越し
■前場の注目材料:英原発建設、日本企業が1兆円超える受注


■自律反発の流れ継続、金融政策に期待も原油動向や政治不安くすぶる

25日の日本株市場は、堅調な相場展開になろう。日欧の金融緩和期待と原油相場の底入れ感から、ショートカバーが強まっている需給状況であり、22日の米国市場もこの流れを受けてNYダウは16000ドルを回復している。日本株市場はこの流れを引き継ぎ、自律反発の流れが続きそうだ。

ただし、目先戻り意識も、日米金融政策や原油動向、甘利経済再生担当相の疑惑問題に関心が集まろう。今週の金融政策決定会合での追加緩和を予想する向きはなく、早くとも4月との見方がコンセンサスとみられる。ETF(指数連動型上場投資信託)の買い入れ増額への期待は大きく、期待が膨らむ一方でハシゴを外された時の不安も大きいだろう。

甘利大臣は金銭疑惑問題について、1週間以内に事実関係を明らかにしたいと述べている。与党内からも進退論が浮上していることもあり、不安要因になろう。辞任ともなればアベノミクスへの期待感も後退する可能性があり、政治不安から海外勢による売り圧力が警戒されやすい。

その他、中国が中東問題に積極的に関与する方針が伝えられる中、原油価格の底入れを見極めたいところである。先週末には1バレル32ドル台を回復してきている。イランは欧州連合(EU)向け原油輸出を早ければ2月にも再開する準備を進めており、先安感は根強い。

物色の流れについては、日米ともに主要企業の決算発表が本格化するため、決算を受けた個別物色が強まろう。また、テーマ性では、フィンテック、AI、IoT、原発関連辺りに関心が向かいやすいだろう。中国では、旧正月に合わせ帰省ラッシュが本格化しており、インバウンド関連への見直しも期待されるところ。タイでMERS感染が確認されたと報じられており、これも材料視されよう。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■外資系証券の注文動向:差し引き710万株の売り越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り1250万株、買い540万株、差し引き710万株の売り越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。

1月18日(月):460万株の売り越し
1月19日(火):590万株の売り越し
1月20日(水):260万株の売り越し
1月21日(木):550万株の売り越し
1月22日(金):980万株の買い越し


■前場の注目材料

・NY原油(32.19、+2.66)、NYダウ(16093.51、+210.83)
・米大雪で首都機能まひ、NYでは史上2番目の積雪
・タイでMERS感染確認
・英原発建設、日本企業が1兆円超える受注


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 12月貿易収支(予想:+1170億円、11月:-3813億円)

<海外>
・特になし

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均