市場ニュース

戻る
2016年01月21日14時00分

【材料】国内大手証券、IT・ソフトウェアセクターの第3四半期決算は営業増益が過半と予想

オービック 【日足】
多機能チャートへ
オービック 【日中足】

 大和証券のIT・ソフトウェアセクターのリポートでは、第3四半期決算は営業増益が過半と予想するも、季節的に納品閑散期ゆえ決算数字は参考程度、「プロジェクト全体の3月末に向けた進捗を見るべき」と指摘。業績拡大は2020年に向け持続するとの見方で、成長の牽引は、金融業や小売業のIT投資目的がコスト削減から業績拡大にシフトすることや、クラウドやモバイルなど新技術・新市場拡大、ITサービス会社の生産性革命が主になると解説。

 セクター投資判断「強気」を継続、個別では、オービック<4684>、トレンドマイクロ<4704>、NEC<6701>、NTTデータ<9613>、SCSK<9719>に注目している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均