市場ニュース

戻る
2016年01月21日13時06分

【材料】健康コーポ---アリババと中国消費者向け越境ECでの事業提携を発表

RIZAP 【日足】
多機能チャートへ
RIZAP 【日中足】


健康コーポレーション<2928>は21日、ソフトバンクグループのアリババとの事業提携を発表した。大きな成長性が見込める中国消費者向けに「どろあわわ」などの健康グループ商品の販売及びマーケティングを開始する。

経済産業省の調査によると、中国の消費者が日本の越境ECから購入する額は、2014年の6,064億円から、2018年には2倍の1兆3,943億円まで成長すると見込まれている。さらに、売上の内訳は、第1位が「衣類・靴・アクセサリー」(16%)、第2位が「化粧品・スキンケア」(12.9%)、第3位が「ベビー・マタニティ用品」(12.6%)とされている。

健康コーポレーションでは、「どろあわわ」などの「化粧品・スキンケア」商品を、グループの夢展望<3185>やアンティローザが女性向けの「衣類・靴・アクセサリー」商品を、エンジェリーベが「ベビー・マタニティ用品」を提供しており、成長市場における人気分野すべてにおいて、親和性の高い商材の提供が可能となっている。

アリババとの提携により、まずは「どろあわわ」の中国消費者への販売を開始。今後はその販売状況を踏まえ、商材をグループ会社全体に広げ、グループ全体での海外向けの販売比率を上げていく計画である。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均