市場ニュース

戻る
2016年01月20日14時52分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にドーン

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の20日14時現在で、ドーン<2303>が「売り予想数上昇」で2位となっている。

 この日は前日に続いてストップ高。朝日新聞などが「総務省は19日、ドローンの操作用に電波の周波数帯を割り当てることを決めた」と報じており、これによるドローンの普及拡大への期待感から買いが入っているようだ。記事によると、割り当てられるのは2.4ギガヘルツ帯と5.7ギガヘルツ帯で、利用者には免許の取得も義務づけるという。現在は、免許のいらない無線LANの周波数帯を使うため、電波の出力制限が厳しく、数百メートルほどしか飛ばせないが、新たな周波数帯では5キロメートルほど離れていても操縦や画像データの送信ができるようになることから、橋梁などのインフラの点検や火山調査などへの活用も広がると期待されている。

 もっとも、全般相場に下げ止まる気配が見えない中にあって、同社の株価は今年に入って15日高値までに4.6倍に急騰しており、利益確定売り意欲は強い。これが売り予想数の上昇につながっているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均