市場ニュース

戻る
2016年01月20日12時22分

【為替】東京為替:ドル・円は117円19銭付近、原油安や日本株安で


20日の東京外為市場でドル・円は117円19銭付近。原油安や日本株安を受けリスク回避の動きが強まった。

ドル・円は午前の取引で117円69銭から117円16銭まで値を下げた。米原油先物ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は2003年以来となる27ドル台まで下落したことや、日経平均株価が前日比300円超下落したことなどを受け、リスク回避の動きが広がった。

原油価格は引き続き安値圏推移が見込まれるほか、上海総合指数やランチタイムの日経平均先物は弱含む展開となっているため、ドル・円は午後の取引でさらに値を下げる可能性はあろう。

ここまで、ユーロ・ドルは下げ渋り、1.0905ドルから1.0933ドルで推移。また、ユーロ・円は下げ渋り、128円05銭から128円37銭で取引された。

【要人発言】
・中国
「昨年12月の対外投資は人民元ベースで前年同月比+6.1%」

《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均