市場ニュース

戻る
2016年01月20日11時18分

【材料】さくらインターネットが急反発、利益確定売り一巡で戻り足 

さくらネット 【日足】
多機能チャートへ
さくらネット 【日中足】

 さくらインターネット<3778>が急反発。前週末に利益確定売りに値幅制限いっぱいに売られ、今週も2日間調整モードが続いていたが、取引時間中に安値をつけて下げ渋る下ヒゲを形成、きょうは4日ぶりに押し目買いが優勢となっている。

 ビットコインなど仮想通貨の信頼性を支える基盤技術として「ブロックチェーン」が注目されるなか、同社はITベンチャーのテックビューロと協業態勢にあり、ブロックチェーン環境を実用レベルのクラウドサービスとして一般向けに提供、フィンテック関連のコアストックとして注目場面が続く。信用取引規制がかかっており、売り残、買い残ともに減少しているが、信用倍率は15日申し込み現在で1.3倍台と依然として拮抗している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均