市場ニュース

戻る
2016年01月20日11時14分

【為替】東京為替:ドルは117円30銭台に戻す、株安を意識したドル売り拡大の可能性低い


ドル・円は117円34銭近辺で軟調推移。日経平均株価の下げ幅はやや縮小しており、中国本土株も下げ渋っていることから、リスク回避的なドル売り・円買いがさらに広がる可能性は低下しつつある。ここまでのドル・円は117円16銭から117円69銭で推移。

ユーロ・ドルは下げ渋り、1.0905ドルから1.0933ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、128円05銭から128円37銭で推移。

■今後のポイント
・日経平均株価の下げはやや一服
・中国株は小幅安

・NY原油先物(時間外取引):高値28.58ドル 安値27.92ドル 直近値28.13ドル

【要人発言】
・中国
「昨年12月の対外投資は人民元ベースで前年同月比+6.1%」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均