市場ニュース

戻る
2016年01月20日04時54分

【市況】NY原油:続落で28.46ドル、イラン制裁解除やIEA見通しで一段安


 NY原油は続落(NYMEX原油2月限終値:28.46↓0.96)。29.53ドルから28.23ドルまで下落した。米国、欧州、国連安保理によるイランへの経済制裁の解除が決まり、今後イランの原油増産で世界的な供給過剰感が一段と強まるとの懸念が、引き続き売り圧力になった。



 また、国際エネルギー機関(IEA)が19日に発表した1月月報で、「平年よりも高い気温や供給増加で、世界の石油市場は少なくとも2016年末までは供給過剰の状態が続く」と指摘。原油売りの勢いが加速したとみられる。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均