市場ニュース

戻る
2016年01月19日16時15分

【特集】萩原工業 Research Memo(8):期末配当金は当初予想比10円増配へ


■萩原工業<7856>の配当政策

利益還元及び安定的な配当の維持を配当政策としている。2016年10月期は、業績等の状況を踏まえ期末配当金を当初予想比10円増配の1株当たり30円とし、年間50円とした。配当金総額365百万円と自社株買い393百万円を合算した総還元性向は、52.1%となった。2016年10月期は、中間配当金を1株当たり25円、期末配当金25円と、期初から年50円配を計画している。期初から50円配を計画していることは、今期の業績に対する自信の表れと解釈される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均