市場ニュース

戻る
2016年01月19日13時33分

【市況】13時30分時点の日経平均は12円高、任天堂、日本電産が強い動き


13時30分時点の日経平均は前日比12.23円高の16967.80円。後場は下げ幅縮小から再びプラスに転じ、17000円を回復する場面も。後場ここまでの高値は13時18分の17029.44円、安値は12時39分の16837.67円。日経平均のプラス転換を受けて、マザーズ指数も上昇に転じている。ジャスダック平均は小幅高での推移。

売買代金上位30銘柄は買いがやや優勢。任天堂<7974>や日本電産<6594>が今日の高値を更新しているほか、日立<6501>、パナソニック<6752>がしっかり。一方、JT<2914>、楽天<4755>などがさえない。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均