市場ニュース

戻る
2016年01月19日10時30分

【材料】任天堂が大幅反発、米系大手証券は据置型ゲームの低迷長期化リスクが低減したと指摘

任天堂 【日足】
多機能チャートへ
任天堂 【日中足】

 任天堂<7974>が大幅反発。買い気配で始まり、大幅高で推移している。株価は一時、前日比1190円高の1万5850円まで買われている。

 メリルリンチ日本証券では、年末商戦での新規IP「Splatoon」の販売好調及びWiiUハードの販売上振れにより、懸案事項としてきた据置型ゲームの低迷長期化リスクが低減したと指摘。カジュアルゲーム需要喚起で収益回復は加速するとみて、株価水準も割安と解説。

 レーティングを「中立」から「買い」に、目標株価を2万2000円から2万5000円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース




日経平均