市場ニュース

戻る
2016年01月19日09時24分

【材料】兼松は堅調、三菱電から携帯販売会社買収で業容拡大期待

兼松 【日足】
多機能チャートへ
兼松 【日中足】

 兼松<8020>は堅調。株価は年初から一貫した調整トレンドにあったが時価180円近辺は昨年10月初旬以来の安値圏にあり、値ごろ感からの押し目買いも観測される。

 同社は18日、三菱電機の完全子会社で携帯販売事業のダイヤモンドテレコムを174億円で買収すると発表した。兼松の100%子会社が4月1日付で吸収合併するかたちとなる。兼松は電子、食料、鉄鋼など中心に展開する専門商社だが、同分野への注力姿勢を明示しており、今回の買収による業容拡大効果に期待した買いを誘っている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均