市場ニュース

戻る
2016年01月19日08時01分

【市況】17000円処を上値抵抗線として意識してしまうか/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 18日のNY市場はキング牧師生誕日の祝日で休場。欧州市場は全般軟調な展開となっており、銀行株の弱さが目立っている。シカゴ日経225先物清算値は時間外で大阪比15円安の16845円。

 米国市場が休場だったため、海外勢のフローは限られることになり、大きなトレンドは出難いと考えられる。昨日の調整でチャイナショックに見舞われた昨年9月安値を割り込んでいる。いったんは、ダブル・ボトム形成が期待されてくるだろうが、17000円処を上値抵抗線として意識してくるかを見極める必要がある。戻りの鈍さが意識されてしまうと、もう一段の調整が警戒されよう。ボリンジャーバンドでは-2σでの攻防が続いているが、水準としては17000円を下回ってきているため、早い段階で-2σを上回っておきたいところ。16800-17000円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 17000円-下限 16800円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均