市場ニュース

戻る
2016年01月18日14時31分

【市況】14時30分時点の日経平均は121円安で17000円回復、トヨタ、富士重がプラスに転じる


14時30分時点の日経平均は先週末比121.87円安の17025.24円。後場は16900円を挟んでの一進一退が続いているが、上海総合指数の上げ幅拡大や買戻しを受けて17000円を回復している。上海総合指数は14時28分現在1.0%高で推移。

業種別ではゴム製品のみ上昇。一方、ソフトバンク<9984>の大幅反落を受けて情報・通信が下落率トップとなっている。日経平均の下げ幅縮小を受けて、トヨタ<7203>、富士重<7270>が一時プラス圏に浮上したほか、ファナック<6954>、パナソニック<6752>も下げ幅を縮めている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均