市場ニュース

戻る
2016年01月18日13時34分

【市況】13時30分時点の日経平均は232円安、ソニー、日本電産はプラス圏推移


13時30分時点の日経平均は先週末比232.86円安の16914.25円。後場は下げ幅を縮めてスタートすると、16900円を挟んでの値動きに。後場ここまでの高値は12時46分の16959.05円、安値は13時13分の16855.93円。日経平均の落ち着きを受けて、マザーズ指数、ジャスダック平均も小動きに。

売買代金上位30銘柄は売り優勢のなか、ソニー<6758>がプラス圏で推移してるほか、日本電産<6594>がプラスに転じている。一方、ソフトバンク<9984>は7.1%安と下げ幅を拡大。また、さくら<3778>が約16%安と下げが目立つ。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均