市場ニュース

戻る
2016年01月18日11時05分

【材料】トレジャー・ファクトリー、有力処は粗利益率悪化の影響は一巡しつつあると推測

トレファク 【日足】
多機能チャートへ
トレファク 【日中足】

 トレジャー・ファクトリー<3093>が反発。やや上値は重いものの、全面安のなかで逆行高を演じている。

 いちよし経済研究所では、低価格の衣料品の買取り急増による粗利益率悪化の影響は一巡しつつあると推測。シェアリングエコノミーの広がりにより、リユース品の需要拡大が続くとの見方で、同社も出店による成長が続くと予想。

 株価下落を勘案して、レーティングを「B」から「A」に引き上げ、フェアバリューは1670円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均