市場ニュース

戻る
2016年01月18日11時06分

【為替】東京為替:ドル・円は117円台前半で推移、中国株安に対する警戒感は低下


ドル・円は117円25銭近辺でやや堅調推移。ドルは一時117円36銭まで戻した。中国本土株の下げ幅は縮小しており、日本株の値動きに大きな影響を与えるものではないとの声が聞かれている。新たなドル売り材料が提供されない場合、ドルは117円台前半での取引が続く可能性がある。ここまでのドル・円は116円70銭から117円36銭で推移。

ユーロ・ドルはもみあい、1.0894ドルから1.0928ドルで推移。

ユーロ・円はやや下げ渋り、127円47銭から127円94銭で推移。

■今後のポイント
・東京株安は一段落
・中国株の動向が手掛かり材料に

・NY原油先物(時間外取引):高値29.23ドル 安値28.36ドル 直近値29.20ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均