市場ニュース

戻る
2016年01月18日08時50分

【材料】イデアインターナショナル---第2四半期売上高4.3%増

イデアインタ 【日足】
多機能チャートへ
イデアインタ 【日中足】


イデアインターナショナル<3140>は15日、2016年6月期第2四半期(15年7-12月)決算を発表。売上高が前年同期比4.3%増の30.52億円、営業利益が同40.6%減の0.57億円、経常利益が同7.9%減の0.28億円、四半期純利益が同13倍の0.26億円だった。

住関連ライフスタイル商品製造卸売事業においては、キッチン雑貨を中心としたインテリア商品ブランド「ブルーノ」が好調に推移。中でもデザイン性に優位性のある「ホットプレート」は引き続き計画以上に売上を伸ばしている。

住関連ライフスタイル商品小売事業においては、トラベルショップ「ミレスト」及びインテリア雑貨ショップ「イデアセブンスセンス」の好調により、不採算店舗等5店舗の閉鎖による影響を吸収している。

16年6月期通期については、売上高が前期比6.0%増の63.62億円、営業利益が同4.5%増の2.60億円、経常利益が同28.7%増の2.11億円、当期純利益が同94.7%増の2.01億円とする期初計画を据え置いている。今後、「トラベルショップミレスト」「トラベルスタイルバイミレスト」の積極的な店舗展開と広告宣伝等によるEコマース販売強化により売上拡大を図る計画である。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均