市場ニュース

戻る
2016年01月15日17時05分

【経済】15日の中国本土市場概況:上海総合3.6%安と急反落、1年ぶり安値


15日の中国本土マーケットは大幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は前日比106.68ポイント(3.55%)安の2900.97ポイントと急反落した。終値ベースで約1年1カ月ぶりの安値圏に達している。上海A株指数も下落し、111.82ポイント(3.55%)安の3036.04ポイントで引けた。外貨建てB株相場も反落。上海B株指数が8.50ポイント(2.33%)安の356.60ポイント、深センB株指数が27.28ポイント(2.29%)安の1164.87ポイントで終えた。

国内景気の先行き不安が強まる。取引時間中に公表された昨年12月の中国金融統計で、新規融資が5978億人民元にとどまったことがネガティブ材料視された。市場予想(7000億人民元)を大きく下回ったことで、経済活動の弱さが懸念されている。官民をあげての株価対策も功を奏さず、上海総合指数が心理的節目の3000ポイントを下回って推移するなか、「投資家の見切り売りが広がった」との声も聞かれた。投資家心理も弱気に傾いている。手控えムードが強まるなか、株式マーケットの売買代金は低水準で推移。信用取引の買い残も14日までに、10営業日連続で減少した。

幅広い銘柄が下げる。なかでも、景気動向に敏感な資源・素材株が安い。中国アルミ(601600/SH)が6.0%、江西銅業(600362/SH)が5.1%、洛陽モリブデン(603993/SH)が4.7%、馬鞍山鋼鉄(600808/SH)が4.5%、安徽海螺セメント(600585/SH)が3.7%ずつ下落した。時価総額上位の金融株やエネルギー株も下げが目立つ。インフラ関連株や不動産株、消費関連株、自動車株なども軒並み急落した。

【亜州IR】
《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均