市場ニュース

戻る
2016年01月15日16時30分

【特集】フォーバル Research Memo(10):「情報通信」「海外」「環境」「人材・教育」の4分野に特化した戦略展開


■中期的な成長戦略

フォーバル<8275>は中期経営計画を公表していないことに加えて、同社の事業ドメインにおいて事業構造・事業環境の変化が激しく、それに適切に対応することを方針としているため、目標とする経営指標を設定していない。しかし、中期的に「情報通信」、「海外」、「環境」、「人材・教育」の4分野に特化し他社との差別化を図ることで、中小・中堅企業の利益に貢献することを目標としている。

その中核となるアイコンサービスは2017年3月期に売上高3,300百万円、海外事業は1,050百万円の売上高を目指す計画を打ち出している。これら事業が同社のもくろみどおりに拡大すれば同社の全体の業績拡大につながることから、弊社ではこれらの事業の今後の動向に注目している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均