市場ニュース

戻る
2016年01月15日14時54分

【経済】本日発表の米経済指標は利上げペースを見極める判断材料になるか


 本日15日に発表される12月の米小売売上高、12月生産者物価指数、12月鉱工業生産は米長期金利の動向を左右する指標になるとみられており、特に小売売上高に対する関心が高いようだ。12月小売売上高の市場予想は前月比-0.1%、自動車を除く数字は同比+0.2%となっており、予想通りであれば長期金利の上昇を促す可能性は低いとみられている。

 市場関係者の間では、今年4回の利上げに対する懐疑的な見方が浮上している。インフレ見通しについては予断を許さない状態が続くことになりそうだが、雇用情勢が改善しても賃金の上昇は抑制されており、雇用コストの上昇や需要増加によってインフレ率が上昇する可能性は低いとの見方は以前よりも増えている。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均