市場ニュース

戻る
2016年01月15日13時29分

【材料】エスプール---中計2期目の16年11月期はストック型サービスの比重を高め増収増益へ

エスプール 【日足】
多機能チャートへ
エスプール 【日中足】


アウトソーシングのエスプール<2471>は13日、2015年11月期の通期決算を発表した。連結業績は、売上高が前期比10.0%増の72.67億円、営業利益が同71.3%減の0.59億円、経常利益が同74.2%減の0.49億円、純損益が0.68億円の赤字(前期が1.65億円の黒字)となった。

主力事業は人材派遣サービスや障がい者雇用支援サービスなどが順調で売上拡大となった。損益面では、スマートメーター設置業務に関して業務開始前の人件費、採用費、研修費、拠点設置費用、備品費などの先行支出があったことなどが響いた。

中期経営計画の2期目を迎える次期については、ストック型サービスの比率を高めつつ、低収益事業の抜本改善を図り、増収増益、最終黒字転換を見込む。

2016年11月期の業績予想は、売上高が前期比13.1%増の82.20億円、営業利益が同4.5倍の2.70億円、経常利益が同5.2倍の2.58億円、純損益が1.83億円の黒字を計画している。

同社は、携帯電話販売支援業務やコールセンター業務等の人材アウトソーシングサービスと、ロジスティクスアウトソーシングサービスが主力。第3の柱として障がい者雇用支援サービスが急成長。中期計画では経営指標として、営業利益率5%の早期達成と2020年度までに業界最高水準の10%の達成を目標として掲げている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均