市場ニュース

戻る
2016年01月15日12時42分

【市況】日経平均は75円高で後場スタート、前引け値から上げ幅を縮小/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17316.32 (+75.37)
TOPIX  : 1414.63 (+8.08)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を縮めて始まっている。上海指数が再び節目の3000を下回っていることや、週末要因もあって手掛けづらいようである。ランチタイムの225先物は17300-17350円辺りでの推移が続いてたが、現物の後場寄り付き時には17300円を下回り、一時17250円と前日比で下げに転じている。

 セクターではは空運、鉱業、小売、石油石炭、陸運、サービスが上昇。一方で証券、保険、銀行、輸送用機器が小安い。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれもプラス圏で推移しているが、大型株指数は前日比ほぼ変わらず水準。売買代金上位は、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>などが冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均