市場ニュース

戻る
2016年01月15日09時37分

【材料】テラスカイが反発、16年2月期営業利益2億5200万円への上方修正を好感

テラスカイ 【日足】
多機能チャートへ
テラスカイ 【日中足】

 テラスカイ<3915>が反発、一時前日比1260円高の1万5400円まで買われている。同社は14日の取引終了後、16年2月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を従来予想の23億400万円から24億円(前期比46.4%増)へ、営業利益を1億9200万円から2億5200万円(同56.5%増)へ、純利益を9300万円から1億2200万円(同69.4%増)へ上方修正、これを好感した。主力事業のクラウドインテグレーションの新規契約獲得増加やこれに伴う自社製品の販売が好調に推移している。

 加えてIoT関連のセンシング技術開発、サービス提供を行う、エコモット(札幌市)との間で、業務・資本提携を行うことも発表している。 

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均