市場ニュース

戻る
2016年01月15日06時55分

【市況】NY株式:ダウは227ドル高、原油相場の回復を好感


14日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は227.64ドル高の16379.05、ナスダックは88.94ポイント高の4615.00で取引を終了した。昨日の大幅下落を受けた買い戻しが入ったほか、堅調な原油相場を受け大幅上昇となった。セントルイス連銀総裁が一連の原油安によってインフレ目標の達成に遅れが出るとの見方を示したことで追加利上げ観測が後退したことも好感され、上げ幅を拡大した。ダウは一時330ドルを超す上昇となった。セクター別では、エネルギーや医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや自動車・自動車部品が下落した。

原油相場の上昇を受けて、エクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連企業が堅調推移。大手行のJPモルガン(JPM)は決算内容が好感され、上昇。ファストフードのチポトレ・メキシカン・グリル(CMG)は、一部アナリストによる投資判断引き上げを受け、買われた。一方で、アクションカメラのゴー・プロ(GPRO)は軟調な10-12月期の売上高見通しが嫌気され、大幅下落。家電量販店のベストバイ(BBY)は年末商戦での販売不振が明らかとなり、軟調推移となった。

半導体のインテル(INTC)はマーケット終了後に10-12月期決算を発表、一株利益、売上高ともに予想を上振れたものの、1-3月期の粗利益率見通しが予想を下振れ、時間外取引で下落して推移している。



Horiko Capital Management LLC

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均