市場ニュース

戻る
2016年01月14日14時16分

【材料】ショーワが反落、国内大手証券は足元の業績は弱含みの基調と推察

ショーワ 【日足】
多機能チャートへ
ショーワ 【日中足】

 ショーワ<7274>が全面安商状に反落。今日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同社についてリポートをリリースしたことが確認されている。

 同証券は、同社に対する営業利益予想を上方修正、上期に発生した米国での品質対応費用の減少といった一過性費用減を織り込んだことが主因としている。ただ、販売好調なヴェゼルシリーズの受注が一部製品のみのため足元の業績は弱含みの基調と推察するほか、付加価値が高いとみられるDPA‐EPS(Dual Pinion Assist EPS)が搭載される新型シビックの生産遅れも懸案事項であろうと解説。目標株価を1100円から1200円へ引き上げているものの、レーティングは「ニュートラル」を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均