市場ニュース

戻る
2016年01月13日18時45分

【テク】日経平均テクニカル:7日ぶり大幅反発、週末終値で17700円上回っていると目先底確認も


13日の日経平均は大幅反発。7営業日ぶりの反発となり、終値ベースでは3営業日ぶりに17700円を回復した。年初以降、上値を抑えられていた5日線を捉えてきたほか、ボリンジャーバンドでは-2σを上回ってきている。週間形状の一目均衡表では、雲下限レベルを回復している。この雲下限が上値抵抗として意識されやすいため、明日以降、これをクリアし、週末段階で雲下限を上回って終えてくるかが注目される。月足の一目均衡表では基準線が17390円辺りに位置しており、月末段階でこれを上回ることができれば、いったんは支持線として意識されることから、目先底となる可能性がある。短期形状は総じて調整継続となるが、中期形状、長期形状でのボトム意識からのリバウンドに期待したいところ。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均