市場ニュース

戻る
2016年01月13日17時12分

【材料】TDKが米クアルコムとの業務提携と合弁会社設立を発表

TDK 【日足】
多機能チャートへ
TDK 【日中足】

 TDK<6762>がこの日の取引終了後、米半導体大手クアルコム社と業務提携し、シンガポールに合弁会社を設立すると発表した。次世代モバイル分野などに向けた製品開発には、半導体メーカーと一体となった緊密かつスピーディな経営環境の創出が必要不可欠と判断したという。

 シンガポールに設立する合弁会社には、TDKの高周波関連事業を移管する予定で、TDK、クアルコムともに子会社を通じて出資する予定。出資比率はTDK側が49%、クアルコム側が51%で、資本金や設立時期、代表者などは未定。モバイル機器向けの統合システムやIoT(インターネット・オブ・シングス)、ドローン、ロボット、自動車アプリケーションなどの成長著しいビジネスセグメント向けに高周波デバイスの提供を行う予定で、16年3月期に日本円で約1200億円の売り上げを見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均