市場ニュース

戻る
2016年01月13日13時01分

【市況】13時時点の日経平均は前日比411.21円高、さくらが乱高下


13時時点の日経平均は前日比411.21円高の17630.17円で推移している。ランチバスケットは40億円の買い越しとの観測。ランチタイムの先物市場では、225先物が一時17700円まで上昇したが、日経平均は後場上げ一服となっている。なお、上海総合指数は前日比-0.01%で前場の取引を終了。

売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、メガバンク3行、村田製<6981>、ソニー<6758>、富士重<7270>、ソフトバンクグ<9984>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>が堅調。なお、連日で急騰していたさくら<3778>は乱高下となっている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均