市場ニュース

戻る
2016年01月13日11時58分

【経済】15年中国乗用車販売、VW中国合弁が180.6万台で首位


中国乗用車メーカーの2015年販売ランキング上位10社が発表された。上汽大衆(独フォルクスワーゲン系)が前年比4.7%増の180万6000台を売り上げて首位。以下、上汽通用(米ゼネラル・モーターズ系)、一汽大衆(同じくVW系)と続き、VW系とGM系で上位3位を引き続き独占している。各社の発表統計を基に、盖世汽車研究が独自集計した。
2位の上汽通用は、前年比横ばいの172万5000台を売って、1位の上汽大衆に肉薄した。一方で、3位の一汽大衆は7.3%減の165万台。上位3社中で唯一、前年実績を割り込んだ。
4位以下は、上汽通用五菱、北京現代(現代自系)、東風日産(日産系)、長安汽車、長安福特(米フォード系)、長城汽車、神龍汽車の順。上位6社の販売台数はそろって100万台を超えている。
中国自主ブランドメーカーは、3社が上位10社入り。そのうち、長安汽車と長城汽車は、昨年の上位10位圏外からの躍進となった。販売台数の伸びは、2社ともに前年比で2ケタ水準。中でも長安汽車は30%超えを達成して、上位10社の中で最大だった。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均