市場ニュース

戻る
2016年01月13日10時00分

【市況】10時時点の日経平均は前日比344.36円高、さくらが本日も大商いで大幅続伸


10時時点の日経平均は前日比344.36円高の17563.32円で推移している。外部環境の落ち着きを背景に、東証一部全銘柄の9割超が上昇する全面高の展開。先物市場では買戻しが加速しておりこれまでのところはしっかりとした動きが見られる。ただ、10時15分に発表される中国人民元の基準レートを見極めたいとするムードが強まっており、買戻し一巡後は静かな推移となっている。

全業種が上昇しているなか、その他製品、空運、倉庫・運輸、ゴム製品、不動産、その他金融などが強い。売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、村田製<6981>、富士重<7270>、任天堂<7974>が上昇しているほか、さくら<3778>が本日も強い動き。一方、NTT<9432>、KDDI<9433>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均