市場ニュース

戻る
2016年01月13日09時51分

【材料】日本色材がストップ高カイ気配、16年2月期業績予想を増額 国内外で化粧品需要好調

日本色材 【日足】
多機能チャートへ
日本色材 【日中足】

 日本色材工業研究所<4920>がストップ高カイ気配。12日の取引終了後、16年2月期連結業績予想の増額修正を発表したことが好感された。売上高は81億1600万円から86億4300万円(前期比17.0%増)へ見直したほか、営業損益は1億8500万円の黒字から5億400万円の黒字(前期は2億900万円の赤字)へ、最終損益は2900万円の黒字から2億2400万円の黒字(同2億3500万円の赤字)へそれぞれ見直した。

 同社は化粧品のOEM製造などを手掛けており、海外顧客からの新製品の受注が好調だったほか、国内ではインバウンド向け需要が伸びた。さらに、子会社テプニエ社では主力の医薬品の受注が好調に推移している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均