市場ニュース

戻る
2016年01月13日09時20分

【材料】ライフコーポが安い、第3四半期業績好調も通期見通し据え置きで売り優勢

ライフコーポ 【日足】
多機能チャートへ
ライフコーポ 【日中足】

 ライフコーポレーション<8194>が安い。同社は首都圏や京阪神を基盤に展開する食品中心のスーパーで、12日取引終了後に発表した16年2月期第3四半期累計(2015年3月~11月)の単独決算は、営業収益が4659億1700万円、営業利益は79億2500万円、最終利益は48億7900万円だった。前年同期の連結ベース決算との単純比較では最終利益段階で44%の伸びを示した。通期最終利益60億円(同13.4%増)予想に対する第3四半期時点の進捗率も81%に達しているが、足もとの好業績は株価には織り込み済みで、通期業績見通しを据え置いたこともあって売りが優勢となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均