市場ニュース

戻る
2016年01月13日08時04分

【為替】今日の為替市場ポイント:ドル・円は117円台後半で推移か、日本株反発への期待でリスク回避の円買い縮小


12日のドル・円は東京市場で118円03銭から117円23銭まで下落。欧米市場でドルは一時118円07銭まで上昇し、117円64銭で取引を終えた。

本日13日のドル・円は117円台後半で推移か。人民元相場の動向が手掛かり材料となりそうだが、日本株の反発が期待されていることや欧米株高を意識して、リスク回避的な円買いは縮小する可能性がある。

12日のNY原油市場でウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は続落し、一時30ドルを下回った。中国経済の先行きに対する不安感や世界経済の成長鈍化による需要減少の思惑が原油先物の下落を促す要因とみられている。米連邦準備制度理事会(FRB)は2016年に4回利上げを実施するとの市場予測も原油先物の反発を抑制する一因となっているようだ。

日本経済全体にとって原油価格の低下はプラス材料になるとの見方は多い。生産コストが軽減されることで収益増加が期待できる企業は少なくないとみられている。一部の市場関係者は、原油先物は1バレル=20ドル以下になると予想しており、原油安は日本株に対する支援材料との声が聞かれている。

ただし、原油安に対する市場の過剰な期待が広がっていることは否めない。何らかの要因で原油価格が急上昇した場合、世界の株式市場は著しく混乱し、金融市場全体のボラティリティーは急上昇するリスクもある。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均