市場ニュース

戻る
2016年01月12日17時50分

【為替】明日の為替相場見通し=117円中盤の神経質な展開も

 今晩からあすにかけての東京外国為替市場のドル円相場は、117円50銭前後を中心とした神経質な展開が続きそうだ。予想レンジは1ドル=117円00~118円00銭。この日の東京市場でドル円相場は、一時117円20銭台まで下落。中国不安を背景に日経平均株価が大幅安となるなか、依然、リスクオフ姿勢が継続した。

 今晩は米国でオバマ大統領の一般教書演説が発表される。ただ、他に目立った経済指標の発表はなくNYダウの動向などにドル円相場も左右されそうだ。あすは中国12月貿易収支が発表される。依然、下値不安が燻る展開だが、11日の早朝には116円60銭台を付けており、ここが当面の底になることが期待されている。




出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均