市場ニュース

戻る
2016年01月12日16時16分

【特集】スターティア Research Memo(6):O2Oアプリを簡単に作成・運用できるツールを販売開始


■中期成長を担う新商材

(2) App Goose

スターティア<3393>は小売業界で注目を集めるO2O(Online to Offline)マーケティングに関し、O2Oアプリを簡単に作成・運用ができるツールとしてAppGooseをリリースし、2016年3月期から発売を開始した。

O2Oマーケティングを実行するには、店舗はまずオリジナルでアプリを開発してApp StoreやGoogle Playに公開し、それを消費者にダウンロードしておいてもらう必要がある。その上でクーポンやイベント情報などをアプリに配信していくという流れだ。同社のAppGooseは1)オリジナルアプリを持たない店舗に対して、同社が用意する「GOOSEE」アプリを通じてクーポンやイベント情報などを配信できる、2)オリジナルアプリでO2Oマーケティングをしたい店舗に対しては簡単にオリジナルアプリが作成できる(その上でオリジナルアプリを通じてクーポンや情報を配信できる)、という2つのメリットを提供するサービスだ。同社の事業モデルは、イニシャル費用と月々の利用料という形態で店舗に販売するというものだ。

2016年3月期第2四半期の売上高はまだ数千万円程度にとどまっているようだが、第1四半期から時間を追って売上高が拡大してきているもようだ。また、AppGooseもActiBookやCOCOARと同様の高利益率商材と考えられ、売上高が一定規模に達した時の利益貢献度は非常に高くなると期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《RT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均