市場ニュース

戻る
2016年01月12日16時03分

【材料】ヘリオス---米アサーシス社の幹細胞製品について、国内再生医療等製品に関するライセンス契約を締結

ヘリオス 【日足】
多機能チャートへ
ヘリオス 【日中足】


ヘリオス<4593>は8日、米国のバイオテクノロジー企業Athersys,Inc.(以下、アサーシス社)が特許権・特許実施許諾権を有する幹細胞製品MultiStemRについて、国内における再生医療等製品に関するライセンス契約を締結したことを発表。

同社は、アサーシス社の幹細胞MultiStemを用いた細胞治療医薬品が日本で再生医療等製品として脳梗塞の治療に貢献すると考えており、2016年後半から臨床試験を開始するための準備を進める考え。
日本における脳梗塞の年間発症患者数は23万人~33万人と推定されている。現在の治療薬である血栓溶解剤tPAの処方は発症4時間半に限定されており、tPA治療を受けている患者数は1万人強と推定されている。これに対し、MultiStemを用いた再生医療等製品は、アサーシス社が欧米で実施した国際第2相臨床試験のデータから発症後18時間~36時間の患者さんへの投与が可能になることが期待される。同製品が発売された場合は治療を受けることができる国内患者数は6万人強に拡大することが推測され、ヘリオスの早期黒字化が期待できる可能性があると考えられる。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均