市場ニュース

戻る
2016年01月12日14時43分

【材料】壱番屋がしっかり、国内既存店堅調で11月中間期は増収増益で着地

壱番屋 【日足】
多機能チャートへ
壱番屋 【日中足】

 壱番屋<7630>が一時、前週末比250円(4.4%)高の5870円まで買われている。前週末8日の取引終了後に発表した第2四半期累計(15年6~11月)連結決算が、売上高222億1800万円(前年同期比1.9%増)、営業利益24億2800万円(同3.5%増)となり、中間期として営業最高益を更新したことが好感されている。国内既存店売上高で客数が前年同期比1.0%増と堅調だったことに加えて、トッピング品の値上げ効果などで客単価が同2.3%増となったことが寄与。また、アジアを中心に既存エリアでの出店を拡大し、海外部門が順調に拡大したことも貢献した。

 なお、16年5月期通期業績予想は、売上高448億円(前期比1.8%増)、営業利益45億5000万円(同1.0%減)の従来予想を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均