市場ニュース

戻る
2016年01月12日14時23分

【市況】国内有力証券、東京市場は人民元や原油価格を睨みつつボラティリティの高い状態が続くと解説

 証券ジャパンでは、今週の東京市場は短期的なリバウンドが期待できると指摘。外部環境は不透明ながら、突っ込み警戒感と値ごろ感から買い戻しの動きが見られるとして、人民元や原油価格動向を睨みつつボラティリティの高い状態が続くと解説。

 物色面では、外部環境に左右されにくい中小型のテーマ銘柄や内需株、割安感の強い銘柄などが選別されるとみて、日経平均のテクニカルでは、日足一目均衡表抵抗帯下限や75日移動平均などが戻りメドになると分析している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均