市場ニュース

戻る
2016年01月12日12時35分

【材料】ホンダが反発、ピックアップトラックの新型モデル投入に期待感

ホンダ 【日足】
多機能チャートへ
ホンダ 【日中足】

 ホンダ<7267>が底堅さを発揮、自動車セクターがほぼ全面安に売られるなかで小幅ながら6日ぶりに買いが優勢となっている。東京市場はリスクオフのムードが高まるなか、為替の円高基調も逆風となり輸出株には向かい風が強い。ただ、自動車株にとって原油市況の下落は、コスト低減効果やガソリン価格下落による自動車販売需要の喚起など収益面でプラス要素が多い。そのなか、同社は売れ筋のピックアップトラックの新型モデル「リッジライン」の投入などで市場の耳目を集めており、押し目買いに反映されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均